台風が頻繁に襲来する

沖縄は台風の通り道!

太平洋の真ん中で発生する台風は、太平洋の気圧の変化に伴い進路が違ってきます。高気圧が大きく日本を囲むように広がっていると台風は高気圧の縁に沿って移動するので、沖縄に通り台湾、中国大陸に進んでいきます。高気圧が弱まると、高気圧に日本の東側に位置するので台風は九州、近畿、関東付近を通ることになります。どこを通るのかは気圧の微妙な変化によるので、予想が難しいですが各国のスーパーコンピュータによる予想で、発生後の進路が粗分かるようになってきています。専門家の解説によると、特に夏場は高気圧が強いので、高気圧の縁にある沖縄に頻繁に通過します。高気圧が弱まり涼しくなってくると、高気圧が東側に移動するので、関東方面に近づきます。

台風に遭遇しないためには?

折角の沖縄旅行で台風が来たら、海にも入れずホテルに缶詰状態になります。しかも飛行機も飛ばないので、旅行に行けないことや、帰れない場合もあります。そんなことにならないためにどうしたらいいでしょうか?旅行を計画する際は、何カ月も前に計画してホテルや飛行機を予約するので、当日の天気までは読めないからです。そんな時は台風が来ない時期を選ぶのがベストです。上記のように高気圧が弱まる9月あたりから計画するのをお勧めします。また海のレジャーをしないのであれば、11月から3月の間は観光客も多くないので、こちらもお勧めです。沖縄観光は海だけなく首里城、米軍基地などで、涼しい沖縄でまた違った観光を楽しむのもいいでしょう。

沖縄といえば、青い海と白い砂浜はもちろんのこと、沖縄ならではの色の魚を食べたり、ソーキそばなどのご当地料理を堪能できる沖縄ツアーが人気です

© Copyright Four Seasons Okinawa. All Rights Reserved.